HOME >  緑化ソリューション >  緑地メンテナンス

緑地メンテナンス

美しく良質な緑地は、お客様や地域の財産に。大島造園土木の考えるワンランク上の緑地メンテナンス。

FOr Higher Quality

「造園は、工事の完了が『完成』ではない」

この言葉は、造園の仕事を言い表すのによく使われます。つまり、一般的な建築や土木構造物は工事完了後から年月が経つと劣化が避けられませんが、造園では逆に木々や草花が育ち、一層豊かな趣のある風景をつくり出せることを指しています。

造園には植物の持つ大きな力が活かされますが、放置して良いわけではありません。イメージ通りのみどりに育んでいくためには、適切な手入れをする必要があります。

近年は自然環境に対する意識が高まり、緑地の多様な価値が改めて見出されています。良質な緑地を守り育てていくことは、お客様の社会的な信頼性を高めることにも繋がります。

こうした観点からも、緑地に手を入れていくことをぜひお勧めいたします。

造園イメージ画像

Our Solution#1 緻密な管理計画

大島造園土木では、ご依頼を頂くと、徹底した現地調査を行います。
緑地の目的や成り立ち、規格・数量・面積のチェックは勿論のこと、現場環境の分析なども行い、お客様のご予算・ご要望に合わせて最適な「年間管理計画」をご提案します。

緻密な管理計画イメージ画像

Our Solution#2 +αの提案

当社が最も重要視しているのが、現場巡回と改善提案です。定期メニューではカバーしきれない事象や細かな気付きをしっかりご報告し、より良い状態にするためのご提案を実施。
継続的な改善で、付加価値の向上に貢献します。

「うちのみどりは元気がない」「なかなか木が大きくならない」
このようなお困りごとを抱えるお客様には、得意とする土壌診断を実施します。生育不良の原因を突き止め、効果的な対策を打ち出します。
また、樹木医スタッフによる生育不良治療も行うことができます。


Our Solution#3 専門的な知見でお客様をサポート

単に綺麗にするだけではない、お客様にとってメリットを感じられる、専門的な知見を活かしたご提案もさせて頂きます。

<例>

  • 環境負荷低減や地域貢献など、新たな価値を生み出すような緑地づくりのアドバイスと、具体策のご提供
  • 予算を安定的に確保できないときは、悪影響を抑えながら剪定を数年に分けて実施 -など、専門性を活かした、お客様視点でのコストマネジメント。

当社はこれまで、個人のお客様宅から大企業の施設に至るまで、あらゆるフィールドでメンテナンスの実績を積んできました。 とりわけ工場施設の緑地メンテナンスでは、モノづくりの県・愛知を本拠とするに恥じない実績を持ち、安全・環境・セキュリティ対策や自然災害時の緊急出動などにも注力しています。

ストックを活かす時代です。緑地メンテナンスの見直しを通じて、お客様や地域の緑地の価値を再発見してみてはいかがでしょうか。

専門的な知見でお客様をサポートのイメージ画像


PAGE TOP